学外から学内システムを利用する方法(SSL-VPN)

【SSL-VPNとは】

SSL-VPNとは、VPN(仮想プライベートネットワーク)という技術を使い、学内からしか利用できないサービスを大学以外の場所から利用することができるサービスです。
SSL-VPNの基本的なサービスは、教育研究系情報システムのIDを付与されている方であれば、誰でも利用することができます。

これに加え、SSL-VPNの「Pulse Secure(パルスセキュア)」機能を利用すると、学外PCを仮想的に学内PCとして動作させることができます。
Pulse Secure(パルスセキュア)」機能を利用するには、利用資格を取得する必要があります。

利用システム 利用資格 内容
SSL-VPN 全学生・教職員
  • 学内ファイルサーバ(マイドキュメント、jugyo/koumuフォルダ)の利用
  • 学内のWebサーバ(授業・学習用Webサーバ、学内限定Webサイト)の閲覧
  • 図書館データベース(学内限定で閲覧許可)の一部機能
SSL-VPN Pulse Secure
(パルスセキュア)
セキュリティ講習を受講し、合格した方
  • 学内のファイルサーバを、教室PC同等にドラッグ&ドロップで操作
  • 図書館データベース(学内限定で閲覧許可)全ての利用
  • 学外・学内Webサーバへのsshログイン・コンテンツ更新
  • アプリケーションサーバへのsshログイン

※SSL-VPN接続にて学内ネットワークサービスを利用する際は、必ずセキュリティソフトを導入するようにしてください。

【SSL-VPNの利用方法】

  1. https://sslvpn.bunkyo.ac.jp/」をブラウザで開きます。(各校舎HPからでもアクセス可能です。)
  2. ユーザID・パスワードを入力してログインします。
    A-sslvpn.png
  3. ログイン後、学内ファイルサーバや図書館データベース等が利用できます。

【SSL-VPN Pulse Secureの利用方法】

Pulse Secureを利用するためには、次の手順が必要になります。

  1. manabaで「セキュリティ講習」を受講し、テストに合格してから、利用申請をする。
  2. Pulse Secureをインストールする。

manabaでのセキュリティ講習受講・テスト受験・利用申請

  1. manabaのコース「セキュリティ講習」を受講します。
    1. manabaにログインし「【申請用】SSL-VPNセキュリティ講習」コースを選択します。
    2. コンテンツ内にある「セキュリティ講習」を選択して受講します。
      B-sslvpn.png
  2. コンテンツ受講後「小テスト」を選択し、「安全なパスワードの使い方」「マルウェアから身を守る方法」を受験します。
    それぞれ90点以上で合格となり、「SSL-VPN利用申請」テストが受験できるようになります。
  3. 「SSL-VPN利用申請」を受験すると申請用のGoogleフォームへのリンクが表示されます。
    Googleフォームから利用申請してください。
    C-sslvpn.png
    • 本学のメールアドレスでのID入力が必要です。
    • 申請の翌営業日中に情報システム課にて、Pulse Secure利用登録を行います。

Pulse Secureのインストール

Pulse Secureの利用資格を取得後、初回のみPulse Secureのインストールを行います。
(Pulse Secureをダウンロードする際は、SSL-VPNからログアウトしてください。)

  1. Pulse Secure本体のインストーラを以下のリンクからダウンロードする。
    ※@bunkyo.ac.jpでログインが必要です。
    ※右上ダウンロードボタンをクリックするか、ダウンロードボタンをクリックすると、ダウンロードが始まります。
    pulse.png
  2. ダウンロードしたPulse Secureインストーラを起動する。
  3. セットアップが開始されるので、画面に従いインストールを行う。
    途中で「このアプリがデバイスに変更を加えることを許可しますか?」のメッセージが出た場合は、「はい」をクリックする。
  4. 完了画面が表示される。

Pulse Secureの起動方法

Pulse Secureを利用する際は、Pulse Secureを起動し大学のIDでログインします。

  1. スタートボタンから「Pulse Secure」を選択します。
    O-sslvpn.png

  2. Pulse Secureが起動しますので「SSLVPN-USERS」が選ばれていることを確認し、「接続」をクリックします。
    P-sslvpn.png

  3. 学籍番号、パスワードを入力します。
    ※「設定を保存」にはチェックを付けないでください。
    Q-sslvpn.png

  4. 利用が可能になるとタスクトレイ上にPulse Secureが表示されます。
    "接続しました"の表示が出ていれば完了です。
    R-sslvpn.png

  5. 操作が終了したら「切断」をクリックし、Pulse Secureを終了してください。
    S-sslvpn.png

Pulse Secureの自動起動を無効にする

一度Pulse Secureをインストールすると、PCにログインする度に自動的にPulse Secureが起動するようになります。
Pulse Secureの自動起動を無効にしたい場合は、以下の手順を実行してください。

  1. タスクバーを"右クリックし"「タスクマネージャー」を起動します。
    L-sslvpn.png

  2. 「詳細」をクリックします。
    M-sslvpn.png

  3. "スタートアップ"を開き「 Pulse Secure Desktop Client」を選択し、「無効」をクリックします。
    N-sslvpn.png